お風呂場にも印鑑

イメージ画像

以前お風呂場の掃除をしていたときに、意外なところに印鑑が押されているのに気付きました。まさか、水気のあるお風呂場で印鑑が使われるような場所があるとはおもっていなかったので、よく見てみないとそれがなにであるのかも判断がつきませんでした。それはどこかというと、浴室内にあるお風呂用のボイラーとお風呂場の扉をあけたときの、戸の上部分です。どちらもそれぞれ、その製品の検品をかねた印なのですが、特に扉の方は、かなり見えにくい位置にラベルが張ってあってその場所に印鑑が押してありました。普段なら、まず気付かないかもしれませんね。

このような検品用のしるしは、身近な製品のいろいろなものについているものです。今皆さんの身近にあるものの中にも、それらを裏返せば検品の印鑑がついているようなものがあるかもしれませんよ。家の中にあるもので、検品印探しをするのも楽しいかもしれません。誰かと遊ぶときに、お互いで競い合って印の数を数えるのもいいでしょう。遊び道具が無いけれど、モノは多いといったような部屋なら印の数も多く回収できるかもしれません。

もちろんついていないような製品だってたくさんありますが、だからといって問題があるというわけではありません。印がついていれば、その分安心感が増すと考えておけばいいでしょう。安全性や信用性を問われるような製品の場合は、印がついているかいないかを、しっかり確認することも大事になってくるということです。

〔おすすめのネット通販サイト〕
急に印鑑が必要になった!そんなときでも安心♪
個人用の実印から、会社用の印鑑まで、最短即日対応のネット通販ショップです。
印鑑を買うならはんこ専門店の【日本印章社】

このページの先頭へ